暮らしを彩るインテリア。テーマを決めて統一感を

お部屋を自分の生活に合ったスタイルにしよう!

インテリアを選ぶ時に気に入ったものを買っていると、いざお部屋に置いた時にスタイルがバラバラになってしまった、なんて経験をしたことがある人は多いのではないでしょうか。そこで、そんな失敗をしないために、インテリアを買う時には必ず自分の生活スタイルにあったものにするようにしましょう。 まずは、自分が生活しているお部屋は和室なのか、洋室なのか、壁紙の色は何色なのか、など普段お部屋がどのような状態なのかを考えます。次に、自分はその部屋では、床に座るのか、椅子に座るのか、寝る場所はベッドか、布団か、などどのように過ごしたいかを考えます。これをまとめて自分に合ったお部屋のスタイルを選び、インテリアを購入すると良いと言えるでしょう。

実は重要な色選び!基本は三色で統一する!

お部屋のスタイルが決まったら、今度はお部屋のカラーを決めていきます。 まずは基本のカラーであるベーシックカラーを決めましょう。このカラーは部屋全体の70%のインテリアに統一させるカラーです。ソファーやテーブルなど大きめの家具の色はこの色になりますので、目がチカチカするような彩度の高い色は避けることをおすすめします。さて、次は全体の25%のインテリアに統一させるカラー、サブカラーです。このサブカラーはメインカラーを補う役割を持つ色です。メインカラーに対して、更にどのような要素を取り入れたいかということから考えると良いでしょう。最後の5%に使う色、アクセントカラーは、その言葉通り目立たせるための色ですので、色相・明度・彩度が2つ以上メイン・サブと異なる物を選ぶと良いでしょう。このようにカラーを選ぶことによってメリハリがあり、統一感のあるお部屋になるはずです。 また、三色以上色を使いたいという場合は、メインを二色に、サブを三色に、とカラーを増やしても構いません。しかし、あまり色を増やすと全体のバランスを取ることが難しくなってしまうので、自信がない人は三色に留めて置く方が良いかもしれません。