どの工法を選ぶ?基本が大切、家づくり

木造にも2つの種類がある

日本で供給されている一戸建て住宅の半分以上が木造住宅となっており、昔ながらの木材を利用した軸組工法は在来工法とも呼ばれています。また、アメリカの木造住宅の工法として、ツーバイフォー工法も木造住宅の中でも採用しているハウスメーカーも見られます。 木造軸組工法は、文字通り柱や梁などの軸でフレームを組む形式となっており、地震時の横揺れに対して抵抗する筋交いという耐力要素を持っています。ツーバイフォー工法では、2インチ×4インチの木材を基本部材としてフレームを作り、耐力要素は構造用合板を釘で固定して面で地震に抵抗する形式となっています。 最近は木造軸組工法でもツーバイフォー工法と同様に構造用合板を利用して耐力要素を確保している事例もあり、構造的に両者の差はほとんどなくなっていると言えるでしょう。

強度が高い鉄骨造と鉄筋コンクリート造

木造住宅のフレームはすべて木材で構成されており、地震に抵抗する筋交いや構造用合板が耐力要素になりますが、室内の中にも多くの耐力要素が必要になりますので、大空間を作ることが難しいというデメリットがあります。 しかし、鉄骨造は、木材よりも強度が高い鉄を主材とする構造形式になっていますので、室内空間の耐力要素が少なくて済みます。また、鉄筋コンクリート造では、鉄よりも耐久性と強度が高いコンクリートが構造体となっていますので、火にも強く長持ちする構造形式となっています。 両者とも室内空間を広くとれるというメリットがありますが、特に鉄筋コンクリート造では木造よりもコストが高くなるというデメリットがありますので、資金に余裕がある方でしか、購入対象にならないという事情があります。